ますます知りたくなる高知銀行
高知銀行の定期預金
高知銀行の規模と営業エリア
高知銀行の高齢者向け商品
高知銀行のカードローン
高知銀行の住宅関連ローン
高知銀行のインターネットバンキング
高知銀行と提携ATM
高知銀行の地域貢献活動
千葉で頑張る京葉銀行
京葉銀行の情報提供方法
京葉銀行のインターネットバンキング
京葉銀行の定期預金
京葉銀行の外貨預金
京葉銀行の相談窓口
京葉銀行と保険業務
京葉銀行の各種ローン商品
京葉銀行の地域貢献活動

生き残りをかける銀行業界


千葉で頑張る京葉銀行

京葉銀行の情報提供方法

どの金融機関でも、様々な方法で情報提供を行っていますが、特に利用されているのはホームページです。ホームページから得られる情報というのは、銀行の店舗に出向かなくてもよいので、家庭でパソコンや携帯電話、それにスマートフォンを使えば、いつでも知りたい情報を得られる利便性があります。

そのため、金融機関ではホームページを作りこんで、顧客向けの情報提供サービスを積極的に行っています。一般的には、キャンペーンなどのイベント情報、マーケット情報はもちろん、ポイントサービスの状況照会など、さまざまなデータを提供できるホームページとなっていることが多いです。また、中小企業や一般企業、取引先企業向けの情報も積極的に提供する傾向が高まっています。

千葉県を営業エリアとしている京葉銀行のホームページの特徴は、年代別に分けられたリンクバナーが用意されていることです。一般的には「ためる」「ふやす」「かりる」などと、銀行を利用するにあたって用途別に分けられたリンクが設置してあるのですが、京葉銀行では、それらのリンクに加えて年代別に利用してほしい商品をピックアップして紹介しているのです。

おもしろいのは、人気アプリ「LINE(Link:http://line.me/ja/)」を活用している点です。京葉銀行ではLINE経由で外貨両替クーポンを配布しています。LINEで京葉銀行を「友達」に設定すれば、LINEのメッセージとしてクーポン券が発行されます。利用するにはクーポン券の画面を京葉銀行の店舗で提示するだけでよいので、使いやすくてわかりやすいです。20代から30代の若い世代にとってはタイムリーなツールであるLINEをうまく活用していることは実に先進的です。もちろん、これらのホームページは、運営者である銀行が、業務提携先の外部企業に作成を依頼している場合が多いです。銀行は情報提供元として外部企業に様々な情報を提供し、外部企業は様々なコンテンツを更新しているのが一般的です。
Copyright ©2015 生き残りをかける銀行業界 All Rights Reserved.

HTML/SakuraRoom